季節の一枚 「老梅の風情」

 「老梅の風情」は三島市玉沢にある、日蓮宗の本山(山号は経王寺)で撮影させていただき
ました。1284年に鎌倉材木座に建立され、1621年に現在地に移転、とされています。
春の桜、秋の紅葉寺としても有名ですが、境内には多くの紅・白梅が手入れされています。
特にこの老梅は10年以上前から私の好きな被写体で、たまたま花が散り始めるタイミングに
出会えました。
これまで、熱海梅園・湯河原膜山梅林での作品をアップしてきましたが、隣町の裾野市にも立
派な梅林がありますので、まとめ撮りしました。
 東京では桜の開花宣言がされましたが、春分の日を過ぎて、深夜の箱根に雪が降りましたの
で、写真仲間の山麓さんと箱根大観山雪景色を狙って登りました。期待ほどには積雪がありま
せんでしたが、早春の景色として収めました。
蔵入りさせていた過去の梅花作品を「梅花アーカイブ」として見直し、再アップしました。
いよいよ待ちに待った桜シーズン、静岡県では開花宣言がまだですが、今週末からは気持ちが
落ち着かない日々になりそうです。                                          2019/04/01